東京・渋谷校 > 名古屋・栄校 > 福岡・天神校

無料体験レッスン申し込み

「カラオケは苦手で…」「カラオケがうまくなりたい」という方に
カラオケで、驚くほど上手に歌えるコツを教えます!

カラオケワンポイントレッスン

TOP > カラオケワンポイントレッスン

カラオケ ワンポイントレッスン

友人、恋人、家族と、また二次会、歓送迎会、新年会、忘年会…と、
カラオケの機会は多くあります。
そのたびに「カラオケはちょっと苦手で…」と思う方も。
「カラオケは好き!もっと上手くなりたい」という方も。
カラオケで驚くほど歌が上手に歌えるコツをお教えします!

曲のテンポを遅くする

曲のテンポを遅くする

曲が流れたら、すぐにカラオケリモコンのテンポキーでテンポを1つだけ遅く設定しましょう。
テンポを遅くすることで余裕を持って呼吸ができるので、歌いやすくなります。
歌いやすくするためにキーを下げるという人が多いのですが、キーを下げると高音部分と一緒に低音部分も下がり、むしろ歌いにくくなるので注意!

声を出しやすい姿勢を作る

カラオケで歌うときの基本姿勢は、まず頭のてっぺんにヒモがついていて、天井とつながっているイメージを持ちます。
そのヒモを真上にスーッとひっぱり上げることで、首筋・背筋が自然に伸びて上半身がリラックスし、歌いやすくなります。
座って歌うときも同じイメージで。できるだけ浅く腰かけるのがコツです。

声を出しやすい姿勢を作る
マイクを正しく持つ

マイクを正しく持つ

マイクは地面と平行に。
先端部を口の前からこぶし1個分だけ空けて持ちます。
顔が動いてもマイクから外れないように、マイクも一緒に移動するようにしましょう。

顔で歌う

プロの歌手の歌は、テレビの音を消してもその顔から勢いが伝わってきます。歌詞の世界を理解して、感情を込め、ふさわしい表情で歌いましょう。
感情を込めることで顔や口、声帯といった筋肉が微妙に変化し、歌に合った声が出てきます。
例えば歓送迎会では、お世話になった人へのメッセージソングや春の歌が、感情移入もしやすくておすすめです。

顔で歌う
高音では口を横に開く

高音では口を横に開く

カラオケ最大の難所である高音部分は、口角を上げて、頭のてっぺんから真上に声が飛び出すようにするイメージが大切です。
サビの部分が高音であることが多いです。
Aメロ、Bメロは口を縦に開けて深みを出すように歌い、サビでは意識して口を横に開き、抜ける高音にチャレンジしましょう。

リップロールで発声のウォーミングアップ

カラオケの前に、リップロールでウォーミングアップをしておきましょう。
プルルル…と唇を振動させ、20~30秒、音を出し続けます。
声帯がマッサージされて動きが良くなり、いろいろな音が出しやすくなります。

リップロールで発声のウォーミングアップ

カラオケでいちばん重要なのは「リラックスして楽しむこと」です。
歌わなくても手拍子をしたり、合いの手を入れたり、
マラカスなどの楽器を振るなど、まず盛り上げ役に回る。
そうすることでカラオケの雰囲気にも慣れて、
リラックスして楽しみながら歌うことができるはずです。
苦手だから・・・と尻込みせず、積極的に参加して、
ぜひカラオケを楽しんでくださいね!

その場で歌声が変わる!驚きの無料体験レッスン実施中!

6つのPointを試した結果、カラオケが上手になった、もっと上手になりたい!と思った方。
試したけれどよくわからない、やり方が正しいのか不安…という方。
どうぞ当校の無料体験レッスンにお越しください。
歌に関するあなたの悩みをプロの講師が丁寧にカウンセリング。
あなたの歌声がより良くなる方法をその場でお伝えします。

無料体験レッスンお申し込み

 【お電話での申し込み】
 東京・渋谷校:0120-15-2763 名古屋・栄校:0120-15-2706 福岡・天神校:0120-15-7604